更年期の顔汗対策

女の顔汗をとめたい

更年期の顔汗対策

何だか暑くもないのに、身体の中が熱い、のぼせるような感じで顔からは汗が流れ落ちる、私も更年期が始まったのね、なんて思っている方は多いようですね。
更年期の症状はたくさんあり、人それぞれですが、今回は顔汗が止まらない更年期の症状についてみていきたいと思います。

更年期は40代から徐々に現れ50代くらいまで続く方もいるようです。
顔汗が止まらないという症状は、女性ホルモンのバランスが崩れることで、体温調整が上手くできなくなるために起こると言われています。
女性ホルモンが少なくなると、自律神経のバランスも乱れ、血流が悪くなってしまうのです。
血行の悪くなった身体の中で何が起こるかというと、手や足先は冷たいのに、顔から上だけが暑いなどという、体温のバランスも崩れてしまうのです。
また、人に見られて恥ずかしいと思ったり、日頃のストレス、運動不足なども影響し、さらに状態が悪化することも考えられます。

では、どのような対策が効果的でしょうか?
汗が顔だけに出るということは、逆に他の部分からは汗が出にくくなているのです。
なぜ、他の部分から汗が出ないのかというと、それは汗腺がお休みしているからです。
例えば、運動不足により、日頃からあまり汗をかく機会がないとします。
すると使われない汗腺は「動かなくていいんだ」と思い、お休みしてしまいます。
すると、実際汗をかくような状況になっても、お休みした汗腺は休んだままなのです。
日頃から筋肉が動いている顔は、汗腺が休むことなく働いているので、異常に顔汗が出る、という現象が起きるのです。
休んでいる汗腺を起こし、全身から汗をかくには、毎日の運動がかかせません。
ウオーキングなどの軽い運動でも十分ですので、是非今日からでも初めてみてください。