男性と女性の顔汗の違い

女の顔汗をとめたい

男性と女性の顔汗の違い

顔汗に悩む人は多いですよね。
顔汗が出る原因は男女ともにそう違いはありません。
何が一番違うかと言うと、顔汗に対する印象になります。
ちょっとわかりづらいですね。
女性は毎日お化粧をします。
せっかくキレイにメイクしたのに、顔汗で簡単に崩れてしまいます。
化粧直しをしてもまたすぐ崩れてしまう。
また、自分だけが汗だくになっているのを人に見られるんじゃないかと恥ずかしくなったりします。
もちろん男性も、人前で異常に顔汗をかくのは恥ずかしいと感じますが、やはり女性と比べると小さいですよね。
そこが大きな違いです。
もちろん、男性と女性は、根本的に肌の質が違います。
では、そもそも男性と女性の肌にはどんな違いがあるのか説明しましょう。

ぱっと見た感じでも何となくわかると思いますが、女性の皮膚は男性より薄いです。
キメが細かいので、男性より紫外線や化粧などによる肌のダメージが受けやすいのです。
一番大きく違うところといえば、やはり皮脂量です。
男性は女性の約3倍近くの皮脂量といわれていますが、水分量は女性より少ないのです。
つまり、皮脂量が多くて水分が少ない、乾燥しているのです。
また、男性は皮脂の分泌が中年になっても行われるので、老化がしにくいとも言われています。
さらに、女性には月経・閉経があるのでホルモンバランスによる皮膚への影響があるのも大きな違いです。

以上のように、男性と女性の肌には違いがありますが、個人差もあります。
ですから、顔汗対策の方法はコレは男性はダメ、女性はコレじゃなきゃなんていうわけ方ではなく、自分の肌にあったスキンケアをすることがオススメです。