女性には辛い顔の多汗症

女の顔汗をとめたい

女性には辛い顔の多汗症

暑い日に汗をかくのは当たり前です。
でも、どういうわけか、顔にばっかり汗が出る、女性は特に汗って気になりますよね。
では、なぜ顔にばっかり汗をかくのでしょうか。
その原因を探っていきましょう。

顔にばかり汗をかいてしまう原因として、まず考えられるのは何でしょうか。
それは運動不足にあります。
汗は体温調整するために出るもので、汗は熱くなった体内の熱を逃がす役割があります。
汗は汗腺から出るのですが、汗腺は全身にあります。
しかし、運動不足で汗をかく事が少なくなると、使われない汗腺はお休みの状態になってしまうのです。
すると汗が出にくくなってしまいます。
いっぽう顔は比較的筋肉の動きが多いので、日頃から筋肉が使われている事で、顔にばかり汗が出る、という現象が起きるのです。

この汗が、必要以上に出て、止まらず滴るほどになる状態を多汗症といっています。
多汗症には、汗が全身から出る「全身性多汗症」と、身体の一部から汗が出る「限局性多汗症」があります。
限局性多汗症は主に、わきの下や手のひら、足の裏、顔などに発生します。
これは、ストレスや自律神経の乱れ、偏った食生活などが原因にあるようです。
また、人前で汗が出てくるのが恥ずかしいと感じ、何とか止めたいと思うほど汗が出ることも多いようです。
特に女性は、顔汗は化粧崩れもするし、自分だけ汗をかいているのが恥ずかしいと思うことがあるようですね。
普通の人より汗をかく程度ならまだしも、異常な汗が出る場合は、多汗症の疑いがありますので、気になる場合は専門の医師の診断を受けるようにしましょう。